失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

退職の手順

上司からの、有給を取らせない作戦

投稿日:

前項では、「退職時には残っかた有給休暇をまとめて消火しましょう」ということをお話いたしました。

その希望を会社に告げると、かなり高い確率で上司からの説得工作が待っています。

「有給休暇を消化していたら、引き継ぎが終わらないじゃないか」
「さんざん世話になった会社に対して、最後にそれはないんじゃないか?」

一見、筋が通っているように思えるかも知れませんが、もし本当にそう思えるなら長年にわたって会社に洗脳されていた可能性を疑ってみることをお勧めいたします。

上で挙げたような上司の「説得工作」は、法律に照らし合わせて考えると、はっきり違法だからです。

社員が有給を取ることを、会社が止めることはできません。

また、有給休暇の申請に理由を書かせて、理由によっては却下する、というスタイルをとっている会社も多いはずです。

しかし、これは全くの無意味。

本来、有給休暇を取得する理由すら、会社に伝える義務はないのです。

「●月▲日、有給取らせてください」
本来は、これだけで構いません。

有給休暇取得のハードルを上げようとして、あたかも上司が納得しなければ有給休暇は使えない、といった雰囲気を形づくっている職場がありますが、言語道断です。

組織ぐるみの違法行為、一歩手前だからです。

実際に、上司が「そんな理由で休めるわけないだろう」といって有給休暇の申請を却下していたとしたら完全に違法のゾーンに入ってきます。

これを伝えると、びっくりする人が大勢います。

いかに、会社の都合が良い「常識」を刷り込まれてきたのかがよく分かります。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-退職の手順

執筆者:

関連記事

no image

休日出勤手当

人件費をカットしている企業が多い以上、一人の社員にかかる負担は大きな状況が続いています。 さて、こういう少人数制の企業で働いていると、急に休日出勤を命じられることも珍しくありません。 「人が足りないん …

no image

「明日から来なくていいよ」は解雇?

ワンマン企業に勤めている人は、いつクビを切られても不思議でない環境で働いている人が少なくありません。 社長から「キミ、明日から来なくていいよ」と言われる事態が頻繁に起こります。 職場には、社長であって …

no image

退職は、いつまでに伝える?

いくら辞めたくなった会社といっても、最後は争わずに終われたらそれに越したことはありません。 同じ辞めるにしても、会社に迷惑がかからない時期に退職時期を調整したいものです。 ということで、退職を伝える時 …

no image

仕事の引継ぎ

退職することが、社内でも発表されると「一仕事終えた感」に満たされます。 もう、後は退職日まで適当に過ごすのみ・・・ というわけにはいきません。 今までの業務を、後任に引継ぐ仕事が残っています。 この仕 …

no image

挨拶回り

さて、業務引継と並行して、後任者と行う仕事がもうひとつあります。 それは、取引先への挨拶回りです。 仕事では、多かれ少なかれ、外部の人間と関わっていることが多いものです。 そうした人たちに、辞めること …