失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業中の年金保険料はどうしよう

0120925997 はアレの請求。

投稿日:2016年5月26日 更新日:

知らない番号から着信がありました。

0120925997

 

さて、多くの方は

知らない電話番号からの着信

は無視すると思います。

 

悪質セールス電話だったり、

架空請求だったりと、

ロクなことがないイメージだからです。

 

0120925997

また悪質セールス?

 

しかし、このフリーダイヤル

0120925997

 

からの着信は、無視していると

少々まずいことになります。

 

この番号は、

 

■国民年金保険料の督促■

 

だからです。

 


請求電話を止める方法」は

こちらをクリック


 

つまり、

この番号から電話を受けた人は、

国民年金保険料を延滞

しているはずです。

 

未払いなので、請求する。

シンプルな流れです。

 

※0120925997以外に、

0120925773

という番号からかかってくることもあります。

 

請求してくるのは、

「キャリアリンク株式会社」

です。

 

しかし、

ここで疑問を持たれる方もいるでしょう。

 

「国民年金は、国が主体でしょう?」

「何だよキャリアリンクって?」

 

当然の疑問かも知れません。

 

このキャリアリンクは、

国から依頼を受けて

未納国民年金保険料の回収

を行っている企業です。

 

こうした企業は全国にいくつかあり、

地域ごとに担当が違います。

 

キャリアリンクの担当は、

下記の地域となっています。

 

・大分県

・宮崎県

・熊本県

・鹿児島県

 

1.これらの地域にお住まいで、

2.国民年金保険料を滞納している

 

この両方の条件に該当すると、

電話がかかってくるのです。

 

無視せず電話に出ても、

「キャリアリンクの●●と申します」

と言われ、

国民年金とは結びつきません。

 

このため、

即ガチャ切りしてしまい、

問題を把握できない人もいます。

 

「やっぱり詐欺電話だった」

などと勝手に結論づける人もいます。

 

しかし、

電話をしているのは民間企業でも、

国民年金保険料を請求しているのは

国家です。

 

早い話が、

無視して逃げ切れる

ような相手ではありません。

 

ネットで見ると、

こうした事実を無視して、

詐欺電話だから無視していい、

などと書かれていることもあります。

 

しかし、

このような情報を信じると

大変な目にあいます。

 

信じてはいけません。

 

具体的には、

家に訪問されます。

 

消費者金融やクレジット会社と違い、

国民年金保険料の取り立てには

 

法規制がありません。

 

つまり、

何時に訪問しようが違法ではない、

ということです。

 

また、対応を拒否し続けていると

実力行使に出てきます。

 

実力行使とは、

保険料の強制回収です。

 

具体的には、

銀行預金や給与の差し押さえです。

 

こういった差し押さえは、

通常は訴訟を行わないと

できません。

 

しかし、

相手は国家ですので、

そうした手続きを踏まずに

強制執行を行えます。

 

国民年金保険料の納付率を上げることは、

国が強烈に推進しています。

 

このため、

昔は滅多に行われなかった

差し押さえも頻繁に行われています。

 

銀行口座が差し押さえられると、

他の引き落としもできなくなるなど、

信用がガタ落ちになってしまいます。

 

また、給与差し押さえなどされたら、

その会社での出世は絶望的です。

 

そのような事態にならないうちに、

適切に対処する必要があります。

 

0120 925 997

差し押さえられたの、
会社にバレたよ・・・

 

無視していればそのうち請求はやむ、

などと考えるのは甘すぎます。


「じゃあ、早速かけなおしてみます」

 

ちょっと待ってください。

 

何の準備もなしにかけ直したら、

延滞している保険料を全額支払う約束をさせられて終わり

です。

 

相手は、取り立てのプロだということは忘れてはいけません。

 

「言いなり」にならないためには、

こちらも事前に知識を仕入れておく必要があります。

 

その知識を、今なら無料配布中です。

 

無視してたら、家に来る!年金の取り立てを止める方法」は

⇒ こちらをクリック

 


 

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業中の年金保険料はどうしよう

執筆者:

関連記事

no image

国民年金はサラリーマンも加入

一般的に、サラリーマンが加入するのが厚生年金、自営業の人や無職の人が加入するのが国民年金と言われています。 しかし、これは実は正しくありません。 厚生年金は、国民年金が含まれているからです。 国民年金 …

no image

国民年金の納付期間が足りない

今までも繰り返し述べてきましたが、年金を受給するには、最低でも25年間の年金納付実績が必要です。 さて、たまにこういう勘違いをしてしまう人がいます。 「もう40歳なので、今から国民年金を払っていっても …

no image

退職後の年金

会社を辞めると、それまで加入していた厚生年金からは脱退することになります。 健康保険と違い、任意継続などという制度もありません。 厚生年金を脱退したとはいえ、年金保険料を支払う義務がなくなるわけではあ …

no image

国民年金保険料をとことん延滞した場合2

無料配布中! 国民年金保険料を 「合法的に払わない」方法 はこちらをクリック↓ 国民年金・合法的支払い逃れマニュアル   国民年金保険料をとことん延滞した場合、 続きです。   前 …

no image

国民年金はいくら?

国民年金でいくらもらえるのか? 満額で、年額772,800円です(平成26年度)。 月にして64,400円。 「こんなんじゃ生活していけない」 という意見も多いのですが、実は、この金額をもらえる人すら …