失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業中の税金

退職金にかかる税金

投稿日:

退職金にかかる税金が気になる人も多いと思います。

退職金は、他の所得とは関係なく、退職金単独の金額に対して税額が決まります。

分かりやすくいうと、他の所得が高くても、退職金の税額まで高くなることはない、ということです。

仮に退職金を給与所得と合計して課税すると、恐ろしい額の税金が発生してしまうため、このような措置がとられているのです。

実際に、退職金の計算手順を見てみましょう。

まず、退職金から、退職所得控除額を差し引きます。
「控除額」とは、税金がかからない所得です。

退職金の控除額は、勤務年数によって変わってきます。

勤務年数が20年までは1年×40万円。
それ以上の場合は(勤続年数-20年)×70万円+800万円です。

例えば、勤務10年の場合は400万円。30年の場合は1,500万円が控除額となり、退職金がこの範囲に収まっていれば税額はゼロです。

額が非常に大きいことがお分かりいただけるかと思います。

これ以上の退職金をもらえたうらやましい方は、控除後の金額を半分にします。
これが、課税退職所得です。

この課税退職所得に税率をかけた額が最終の納税額になるのですが、税率は所得税と同様です。

課税所得額195万円以下は5%の税率ですから、それこそ数千万円単位の退職金をもらっていない限りは、多くの方は退職金に関する税金を支払うことはないでしょう。

しかし、これはあくまで適切に手続きを行った場合です。

放っておくと、知らない間に税金を持って行かれてしまいます(しかも数百万円単位で!)。

次回は、そのからくりと、税申告の手順についてお話します。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業中の税金

執筆者:

関連記事

no image

退職金にかかる税金2

退職金にかかる税金、続きです。 前回、退職金にかかる税金は非常に優遇されていて、多くの方は無税になることと、税金を払う人であってもごく少額になることをお話しました。 しかし、これは正当に税申告をした場 …

no image

退職後の住民税

退職後の住民税について見ていきましょう。 本来、住民税というのは、前年の所得に基づいて計算された額を支払っていきます。 しかし、サラリーマンの住民税は、何だかややこしいことになっています。 サラリーマ …

no image

退職後の確定申告

さて、前職を辞めて、その年のうちに再就職しなかった場合は、自分で確定申告をしなければなりません。 そもそも、確定申告とは何でしょうか。 確定申告という言葉、聞いたことはあると思いますが、はっきりと説明 …

no image

確定申告の手順

確定申告の準備は、源泉徴収票と申告書を手元に用意するところからスタートします。 源泉徴収票は、前職を辞めるときにもらっているはずです。 なければ、会社の経理課に請求しましょう。 申告書は、税務署でもら …

no image

103万円の壁、130万円の壁

103万円の壁、130万円の壁。 よく聞く言葉ですが、その内容までしっかりと説明できる人はあまりいないと思います。 今回は、このふたつの壁について再確認しておきましょう。 「せっかく働いたのに、夫の控 …