失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業中の年金保険料はどうしよう

国民年金保険料の減免制度

投稿日:2014年11月20日 更新日:

前回、

国民年金には保険料の支払いを免除される、

あるいは支払い額を減額してもらう救済策があるというところまでお話しました。

 

これを国民年金保険料の減免制度といいます。

 

一応、お金がなくなって

支払いがきつい人たちに配慮した制度はきちんと用意されているのです。

 

現在、これらの制度を利用する

詳しい手順を解説したマニュアルを、

実験的に配布しています。↓


無料配布中!

国民年金保険料を

「合法的に払わない」方法

はこちらをクリック↓

国民年金・合法的支払い逃れマニュアル


 

しかし、ここが一番の問題なのですが、

「黙っていると、誰も国民年金保険料を免除も減額もしてくれない」という点です。

 

要は、自分で申請しなければならないのです。

 

申請しないまま黙って延滞を繰り返していると、

払え、という嵐のような督促が来るだけです。

 

精神衛生上、とても良くないので保険料が払えない状態であるときは、

減免申請は必須です。

 

さて、国民年金保険料の減免申請は、

市区町村の窓口で受け付けています。

 

免除および減額の度合いは、

前年度の所得によって異なります。
具体的には次の4つのパターンがあります。
1.全額の支払い免除
2.4分の3の支払い免除
3.半額の支払い免除
4.4分の1の支払い免除

 

4分の1と4分の3免除は比較的最近に認められた制度で、

平成18年7月から実施されています。

 

なお、

免除してもらいたい期間が複数年にわたる場合は、

毎年申請をしなければなりません。

 

ただし、

全額免除を認められている人に限って、

まとめて複数年分の免除申請をすることが認められています。

 

これは、

あくまでも

「毎年申請をしなくても自動的に審査がされる」

ことを意味するのであって、

「毎年、自動的に国民年金保険料が免除される」

という意味ではありませんのできちんと区別するようにしてください。

 

詳しい手順については、

無料マニュアルを配布中です。

 

あまり反響がない場合、

配布終了しますので

興味がある方はお早めにどうぞ。


無料配布中!

国民年金保険料を

「合法的に払わない」方法

はこちらをクリック↓

国民年金・合法的支払い逃れマニュアル


 

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業中の年金保険料はどうしよう

執筆者:

関連記事

no image

国民年金の納付期間が足りない

今までも繰り返し述べてきましたが、年金を受給するには、最低でも25年間の年金納付実績が必要です。 さて、たまにこういう勘違いをしてしまう人がいます。 「もう40歳なので、今から国民年金を払っていっても …

no image

国民年金はサラリーマンも加入

一般的に、サラリーマンが加入するのが厚生年金、自営業の人や無職の人が加入するのが国民年金と言われています。 しかし、これは実は正しくありません。 厚生年金は、国民年金が含まれているからです。 国民年金 …

no image

国民年金と厚生年金の違い

この項では、国民年金と厚生年金の違いについてお話します。 国民年金制度は、20歳~59歳までの国民全員に加入義務があります。 「国民全員」ということは、厚生年金に加入している人も含みます。 つまり、厚 …

no image

0120211231を無視すると、怖い人が家に来る

0120211231 この番号から電話がかかってきたあなた。 無視してればいいや、などと考えていませんか?   その対応は、破滅的な結果を招きます。   なにせ、相手は あなたの電 …

no image

年金をもらえるのはいつから?

年金がいつからもらえるのか?ということをまともに把握している人は極めて少数です。 なぜかというと、年金を支給される年齢がじわじわと引き延ばされるように法改正され、さらにその経過措置として色々な法律が付 …