失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業中の年金保険料はどうしよう

年金が破綻しない理由

投稿日:

「年金破綻」の続きです。

前回、あらゆるマイナス要素を抱えていながらも、「年金は破綻しない」と書きました。

なぜなら、年金が破綻しないというのは、年金をもらっていれば十分に生活できる、ということとイコールではないからです。

要は、毎月一定額が支払われれば「年金は破綻していない」と言い張ることは可能だからです。

これを実現する手法は簡単です。
1.年金の支給開始を遅らせる
2.年金の支給額を減らす
3.年金保険料を値上げする
4.年金の納付期間を延ばす

1.年金の支給開始を遅らせる ですが、すでに実施されています。

現に、すでに将来の年金受給者は65歳になるまで年金をもらえないことが確定しています。
(現在は、60歳から可能)

この先、67歳だとか70歳だとか75歳だとかに延びていく可能性が高いです。

2.年金の支給額を減らす

これは、現在の受給者が不満を爆発させるのであまり派手には行われていません。

年金は物価スライド制ですが、デフレが続いた時期であっても引き下げは猶予されてきました。

減額にはタイムラグがあるので、物価が上がり始めてから減額されるという、恐ろしい現象が起きました。

3.年金保険料を値上げする

すでに、実施済みです。

国民年金保険料も厚生年金保険料も、毎年、気がつかれない程度に小刻みな値上げを繰り返しています。

4.年金の納付期間を延ばす

政府は、「年金保険料を支払う期間を64歳まで延長する」という信じがたい方針を示しています。

要するに、今まで年金をもらえた60歳~64歳までの期間、逆に年金保険料を支払う側に回るのです。

「60歳を過ぎても働いている人が増えたため」
などと政府は説明しています。

しかし、年金を65歳からもらうことにして(そうすると、1回あたりにもらえる額が増えます)働いている人が多いのですから、この理由付けは強引過ぎます。

原因と結果をひっくり返しているからです。

このように、年金は破綻しませんが、「それだけで老後の生活がまかなえる」レベルはとても維持できそうもない、と言わざるを得ません。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業中の年金保険料はどうしよう

執筆者:

関連記事

no image

国民年金に加入しないことは可能か

引退世代にとっては年金はもらえるものですが、現役世代にとって年金とは、コストでしかありません。 特に、会社を辞めた後は収入が激減しますから、容赦なく送りつけられてくる国民年金保険料の請求書を見るとスト …

no image

0120925773の着信、正体はアレの請求。

0120925773   見覚えがない番号から、電話がありました。   「見覚えがない電話番号からの電話」 には対応しないのが普通の人の反応です。   知らない番号からの …

no image

国民年金と厚生年金の違い

この項では、国民年金と厚生年金の違いについてお話します。 国民年金制度は、20歳~59歳までの国民全員に加入義務があります。 「国民全員」ということは、厚生年金に加入している人も含みます。 つまり、厚 …

no image

0120931552からの着信、無視していると大惨事。

0120931552 メモリに登録していない電話番号から、 謎の着信です。   「どこのセールス電話だよ」 そう考えて、 出ない人が大多数でしょう。   誰だよ!?と言いたくなりま …

no image

退職後の年金

会社を辞めると、それまで加入していた厚生年金からは脱退することになります。 健康保険と違い、任意継続などという制度もありません。 厚生年金を脱退したとはいえ、年金保険料を支払う義務がなくなるわけではあ …