失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業中の年金保険料はどうしよう

国民年金保険料をとことん延滞した場合

投稿日:2016年5月1日 更新日:

国民年金保険料の督促を繰り返し受ける。

 

しかし、

先立つものがなければ支払えません。

 

「もう少し安くなりませんか」
と交渉しようにも、

ほとんどの場合は面倒くさそうに

「無理です」

などと言われて終わりです。

 

本当は、

こうした対応は問題があるのですが・・・

 

「年金保険料を払って飢え死にする。

そんなの本末転倒だろうが!」

「じゃあ、もう払わないよ!」

と開き直る人が多いのもうなずけます。

 

しかし、

無視を決め込むのは利口とはいえません。

 

2,010年代以前はゆるかった

国民年金保険料の取り立ては、

現在は極めてしつこくなってきています。

 

現在のところ、

国民健康保険料の取り立てと違い、

預金を差し押さえて持って行ってしまう、

ということまではしていません。※

 

※2016年現在、

差し押さえが行われるようになりました。

 

しかし、

政府は国民年金保険料の未払に対して、

こういった強制的な回収を行う方針を

既に示しています。

 

現在のところは、

しつこくかかってくる電話※や督促状

を無視しておけば実害はありません。

 

0120211231の謎 参照

 

しかし数年以内に

実力行使に出てくる可能性。

それは極めて高いです。※

 

※2016年現在、

差押え等、実力行使に出てきています。

 

そのときは、

「過去の分も含めて」

強制的に支払わされることになります。

 

さらには、極めて高利の延滞金まで

払わされるはめになります。

 

最近の政府の動きにも、

その意図は現れています。

 

2年で支払い時効になっていた年金保険料。

 

これを

「10年前までさかのぼって支払える」

ようにしたり・・・

 

とにかく

「取る」とにかく「絞る」という方向に

露骨にシフトしてきています。

 

今現在、

何もないからといって無視していると、

まとめてそのツケを払うはめになる・・・

 

数年以内にそうなる可能性は

極めて高いと言わざるを得ません。

 

●初出2014年4月8日

●更新2016年5月23日

 


無料配布中!

国民年金保険料を

「合法的に払わない」方法

はこちらをクリック↓

国民年金・合法的支払い逃れマニュアル


 

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業中の年金保険料はどうしよう

執筆者:

関連記事

no image

0120925997 はアレの請求。

知らない番号から着信がありました。 0120925997   さて、多くの方は 知らない電話番号からの着信 は無視すると思います。   悪質セールス電話だったり、 架空請求だったり …

no image

退職後の年金

会社を辞めると、それまで加入していた厚生年金からは脱退することになります。 健康保険と違い、任意継続などという制度もありません。 厚生年金を脱退したとはいえ、年金保険料を支払う義務がなくなるわけではあ …

no image

国民年金はいくら?

国民年金でいくらもらえるのか? 満額で、年額772,800円です(平成26年度)。 月にして64,400円。 「こんなんじゃ生活していけない」 という意見も多いのですが、実は、この金額をもらえる人すら …

no image

0120925773の着信、正体はアレの請求。

0120925773   見覚えがない番号から、電話がありました。   「見覚えがない電話番号からの電話」 には対応しないのが普通の人の反応です。   知らない番号からの …

no image

国民年金保険料の減免制度

前回、 国民年金には保険料の支払いを免除される、 あるいは支払い額を減額してもらう救済策があるというところまでお話しました。   これを国民年金保険料の減免制度といいます。   一 …