失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業中の健康保険

出産で退職した場合

投稿日:

出産を理由に、会社を辞めざるを得ない人も多いと思います。

会社を辞めて収入がなくなるのに、出産費用がかさむというのはなかなかキツイ状況です。

そこで頼りになるのが、出産にあたって健康保険組合や国民健康保険から支給される給付金です。

出産でもらえる給付金は、具体的には次のふたつがあります。

●出産育児一時金
健康保険組合・国民健康保険の加入者が出産したとき

●家族出産育児一時金
健康保険組合の被扶養者である妻が、出産したとき

このふたつの違いは、あまり気にする必要はありません。

支給金が、どの健康保険から出るかという違いでしかないからです。

「出産育児一時金」は、出産する母親本人が加入している健康保険から出る給付金です。
一方、「家族出産育児一時金」は、出産する母親ではなく、その夫が加入している健康保険から支給されます。

どちらの一時金であっても、もらえる金額は同じで、子供一人あたり42万円です。

一人当たり、ということですから、双子の場合は倍額の84万円になります。

この一時金は、健康保険組合から、医療機関に直接支払われます。
このため、多額の出産費用を病院の窓口で支払うといった煩わしい手続きがなくなります。

これらの一時金が治療費よりも多かった場合は、差額はもらえます。

こういったことが起きるのは、例えば帝王切開などした場合です。
自然分娩と異なり保険が適用されるので、病院に支払う額が大きく減るのです。

結果として一時金に余りが出ますから、差額は本人に払われることになります。

なお、残念ながら死産・流産、人工妊娠中絶した場合であっても、一時金の支給対象とされています。

ただし、妊娠して85日以上経過していなければなりません。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業中の健康保険

執筆者:

関連記事

no image

出産手当金の注意点

前項で、出産手当金の概要についてお話しました。 今回は、出産手当金を利用するにあたっての注意点を見ていきます。 もう一度確認すると、出産手当金が支給されるのは下記の日数分になります。 ・出産予定日以前 …

no image

国民健康保険の保険料

前回は、任意継続した場合の健康保険料の調べ方についてお話しました。 任意継続の保険料が判明したら、次は国民健康保険の保険料です。 国民健康保険の保険料は、運営主体の市区町村によって計算方法が異なってい …

no image

任意継続とは

会社を辞めた場合は、その会社で加入していた健康保険組合も同時に脱退するのが原則です。 しかし、例外があって、会社は辞めても、健康保険に引き続き加入し続けることが認められています。 これを、任意継続とい …

no image

働くお母さん限定給付金

前項でご紹介した「出産育児一時金」は、専業主婦、会社員、パートなど立場を問わず、出産したすべての女性に給付される手当でした。 一方、働いている女性(一部、退職した女性)しかもらえない給付金が存在します …

no image

退職後に出産手当金をもらう条件

原則として、出産手当金は在職中の女性なら誰でももらうことが可能です。 では、退職してから出産した人の場合、出産手当金はもらえないのでしょうか? 「妊娠したといったら、会社を無理に辞めさせられたのに、手 …