失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業中の健康保険

国民健康保険料の取り立て

投稿日:

国民健康保険料は、保険料をいう名称ですが、実質的には税金です。

自治体によっては国民健康保険「税」という名称を使っているところがあるぐらいです。
保険料という名称にしている自治体であっても、変わりません。

税金であるといことは、「納税しない人間には何をやっても構わない」という意識が働きます。

こういう場合の自治体の動きは本当に恐ろしく、人の都合といったものは一切考慮しません。

最初は、まだ穏健です。

督促状が届いたり、自治体の職員が家に訪ねてくる程度です。

この時点でかなり嫌な感じはしますが、それでも強制力は発動していません。

それでも保険料を滞納していると、保険証が使えなくなります。

「私は健康で医者にはかからないから、それでも構わない」
などということは言っていられません。

そんなことは自治体は百も承知で、次の手をうってきます。

差し押さえです。

優先順位としては、銀行預金、給与差し押さえ、家財道具といった感じでしょうか。

自治体は、裁判所を通さずに人の財産を根こそぎ調べる権限がありますから、銀行にお金が入っているのを見つけたら、容赦なく抜いていきます。

何が恐ろしいかというと、まず口座をロックしてしまいますので、他の引き落としなどが重なっていた場合、その引き落としもエラーになる点です。

つまり、意図しないタイミングで「大量の不払いを出して、信用情報がズタズタになる」のです。

これを酷いと思うか「払わないのだから当然」と思うかは人それぞれです。

しかし、覚えておいていただきたいのは国民健康保険料は軽く踏み倒せると考えていると、かなり痛い目に遭うということです。

とはいえ、合法的に支払い額を減らしたり、支払いを待ってもらうことはできます。
そちらの方面で対策を練った方がはるかに安全といえます。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業中の健康保険

執筆者:

関連記事

no image

国民健康保険の保険料

前回は、任意継続した場合の健康保険料の調べ方についてお話しました。 任意継続の保険料が判明したら、次は国民健康保険の保険料です。 国民健康保険の保険料は、運営主体の市区町村によって計算方法が異なってい …

no image

出産手当金の注意点

前項で、出産手当金の概要についてお話しました。 今回は、出産手当金を利用するにあたっての注意点を見ていきます。 もう一度確認すると、出産手当金が支給されるのは下記の日数分になります。 ・出産予定日以前 …

no image

退職後に出産手当金をもらう条件

原則として、出産手当金は在職中の女性なら誰でももらうことが可能です。 では、退職してから出産した人の場合、出産手当金はもらえないのでしょうか? 「妊娠したといったら、会社を無理に辞めさせられたのに、手 …

no image

任意継続とは

会社を辞めた場合は、その会社で加入していた健康保険組合も同時に脱退するのが原則です。 しかし、例外があって、会社は辞めても、健康保険に引き続き加入し続けることが認められています。 これを、任意継続とい …

no image

任意継続の保険料

退職後、どの健康保険に加入したとしても、医療費の自己負担分は差はなく3割です。 このため、任意継続を選ぶか、国民健康保険を選ぶかは、単純に健康保険料は、どちらが安く済むのか?で判断できます。 任意継続 …