失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業中の健康保険

健康保険料はさかのぼって取られる

投稿日:

国民健康保険に加入するには、会社から届く「健康保険資格喪失証明書」という長い名前の書類が必要になりますが、逆にいうとこれが届かない内は手続きが出来ません。

では、加入手続きが済むまでは、健康保険に加入していないことになり、その期間の保険料は発生しないのか・・・というと、そうではありません。

新しい健康保険の加入日は、「前の健康保険を脱退した翌日」という扱いになるからです。

健康保険加入のため、手続きをした日ではありません。

会社を辞めた翌日にさかのぼって、健康保険に加入した扱いになるのです。

制度上、「健康保険に加入していない期間」は1日たりとも存在しないことになっているのです。

例えば、退職の半年後に国民健康保険への加入手続きを取った場合でも、半年前からの保険料を請求されることになります。

このため、「今は失業していてお金がないから、健康保険には加入しない」という手段は得策ではありません。

加入していない期間まで、健康保険料はさかのぼって取られるからです。

唯一逃げ切る手段としては、「健康保険料の時効2年まで逃げ続ける」という方法があります。

しかし、これは困難を極めます。

ある一定期間、健康保険への加入手続きをしていないと、自治体の方から国民健康保険に加入した扱いにされます。

そして、国民健康保険料は形を変えた税金ですから、その取り立ては執拗です。

国民健康保険の取り立てについては、項を改めてお話したいと思います。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業中の健康保険

執筆者:

関連記事

no image

退職後の健康保険

退職後は、今まで会社で加入していた健康保険を脱退してすることになります。 「お金がないし病院にも行かないから、再就職するまで健康保険には加入しません」 という人もいるかも知れませんが、これは認められて …

no image

出産手当金の注意点

前項で、出産手当金の概要についてお話しました。 今回は、出産手当金を利用するにあたっての注意点を見ていきます。 もう一度確認すると、出産手当金が支給されるのは下記の日数分になります。 ・出産予定日以前 …

no image

国民健康保険の保険料

前回は、任意継続した場合の健康保険料の調べ方についてお話しました。 任意継続の保険料が判明したら、次は国民健康保険の保険料です。 国民健康保険の保険料は、運営主体の市区町村によって計算方法が異なってい …

no image

働くお母さん限定給付金

前項でご紹介した「出産育児一時金」は、専業主婦、会社員、パートなど立場を問わず、出産したすべての女性に給付される手当でした。 一方、働いている女性(一部、退職した女性)しかもらえない給付金が存在します …

no image

任意継続とは

会社を辞めた場合は、その会社で加入していた健康保険組合も同時に脱退するのが原則です。 しかし、例外があって、会社は辞めても、健康保険に引き続き加入し続けることが認められています。 これを、任意継続とい …