失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

再就職したら忘れずにこれをしておく

再就職→また辞めた2

投稿日:

前回、再就職後、すぐにまた退職してしまった場合の失業保険の取り扱いについてお話しました。

大まかには、
1.所定給付日数が残っている
2.受給期限のリミットにかかっていない
のふたつの条件を満たしていれば残っている失業保険の受給を再開できます。

では、このふたつの条件を満たせばすんなり失業保険が再開するかというと、そう簡単ではありません。

というのは、給付制限がつく場合があるからです。

といっても、3ヶ月といった長い期間ではありません。
・前回が給付制限なしで、今回は自己都合退職 → 1ヶ月の給付制限
・前回が給付制限なしで、今回は自己都合退職、しかも再就職手当を受給した → 2ヶ月の給付制限

つまり、前回給付制限がつかなかった人であっても、今回の退職が自己都合退職の場合は給付制限がついてしまうのです。

3ヶ月といった長期ではありませんが、もともと、給付制限期間なしでもらえていた失業保険ですから少し悔しい気分になるかも知れません。

一方、給付制限がつかない場合もあります。

前回、給付制限の3ヶ月を過ごしていた場合は、今回の退職にあたっての給付制限はつきません。

何回も給付制限をつけるのは、さすがに酷だと判断しているのだと思われます。

なお、再就職から半年(会社都合退職の場合)から1年(自己都合退職の場合)経過して、新たに失業保険の受給資格を得ていた場合は、その後の退職ではそちらの給付資格を元に受給していくことになります。

ですので、今回お話したようなルールは、あくまで再就職してから、再び失業保険の受給資格を得るまでのごく短期間だけ適用されることになります。

できれば、お世話にならずに済ませたいものです。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-再就職したら忘れずにこれをしておく

執筆者:

関連記事

no image

再就職→また辞めた

失業生活を経て、何とか再就職。 しかし、また辞めてしまった、ということは十分に起こりえます。 入社後に平気で給与の引き下げなどを行ってきたり、正社員で入社したはずが、気がつけば契約社員での勤務にされて …

no image

再就職手当

再就職した場合は、国からお金がもらえる場合があります。 これは、再就職手当と呼ばれている制度です。 しかし、受給するには結構いろいろな条件を満たす必要があります。 今回は、この再就職手当をもらえる条件 …

no image

再就職手当の金額

前回、再就職手当をもらえる条件についてお話しました。 今回は、再就職手当がいくらもらえるのか?を見ていきましょう。 再就職手当の金額は、失業保険の基本日額手当と支給残日数によって計算されます。 支給残 …

no image

就業手当

前回紹介した再就職手当は、「1年超の雇用が確実な仕事に就いた人」のみが対象でした。 では、1年以内の契約で仕事に就いた場合、何ももらえないのでしょうか? 有期雇用で2年契約や3年契約などは滅多にありま …

no image

常用就職支度手当

再就職手当や就業手当をもらうには、失業手当が一定の日数、残っている必要がありました。 例えば、失業手当の支給残日数が30日で再就職した場合、残日数の条件を満たしませんから再就職手当も就業手当ももらうこ …