失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

職業訓練

職業訓練の特典

投稿日:

前回は、職業訓練の概要についてお話しました。

今回は、職業訓練を受講することによって得られる特典について見ていきます。

職業訓練を受ける目的は就職に必要な専門的技術や知識の取得ですが、その目的達成に集中できるよう、様々なバックアップ策が用意されています。

その中で最も大きいのが、「職業訓練を受講している間は、失業保険が延長される」という特典になります。

半年の職業訓練コースに通うことになった場合を考えてみましょう。

仮に、失業保険の所定給付日数が90日だった場合はこの職業訓練を受講中に支給残日数が切れてしまいます。

しかし、所定給付日数が切れたとしても、職業訓練の終了日までは失業保険が支給され続けるのです。

この特典のおかげで、生活費の心配をすることなく、職業訓練に集中することが可能になっています。

なお、失業保険以外にも、ちょっとした手当がもらえます。

通所手当は、職業訓練校へ行くための交通費実費が支給されます。
上限金額は42,500円です。

この通所手当があるおかげで、県外の職業訓練校に通うことも可能になっています。
都道府県によっては、必ずしも地元で希望の職業訓練が開講されているとは限らないからです。

他には、受講手当といって、実際に訓練を受けた日、1日あたり500円が支給されます。

職業訓練受講生の間では「弁当代」などと呼ばれていますが、もちろん用途は自由です。

このように、職業訓練を受講するのに支障が極力発生しないように生活費や交通費といった費用的負担を国がバックアップしてくれているのです。

民間の資格スクールと比べると、その差は歴然といってよいでしょう。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-職業訓練

執筆者:

関連記事

no image

訓練延長給付

失業保険長給付の適用を受けるためには、職業訓練の開講日時点で失業手当の支給残日数が一定数残っている必要があります。 ここで重要なのは、「職業訓練の開講日時点」での支給残日数で計算されるという点です。 …

no image

職業訓練の特典を受ける条件

前回は、職業訓練を受講することによる特典の概略をお話しました。 今回は、それらの特典を受け取るための条件を見ていきます。 これらの条件を満たさなくても職業訓練の受講そのものは可能です。 しかし、前回見 …

no image

失業保険の残日数が足りない

前回、職業訓練の特典を受けるために必要な条件についてお話しました。 その中で、一定日数の失業保険の支給残日数が必要という条件があります。 ここに引っかかってしまいそうな場合はあきらめるしかないのでしょ …

no image

職業訓練もよい

失業したら、すぐに満足いく再就職先が見つかるということは珍しいです。 求人数そのものは多くなったといっても、条件が良い求人先は、やはりライバルも多いからです。 少しでも競争を有利に運ぶ手段のひとつとし …