失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

再就職したら忘れずにこれをしておく

常用就職支度手当

投稿日:

再就職手当や就業手当をもらうには、失業手当が一定の日数、残っている必要がありました。

例えば、失業手当の支給残日数が30日で再就職した場合、残日数の条件を満たしませんから再就職手当も就業手当ももらうことはできません。

しかし、失業手当の支給残日数が1日でも残っていればもらえる手当が存在します。

常用就職支度手当と呼ばれる制度です。

もらえる金額は、失業手当の基本手当日額によって変わってきます。
・失業手当の支給残日数が90日以上・・・基本手当×30日分
・失業手当の支給残日数が45日以上~90日未満・・・基本手当×残日数×3分の1
・失業手当の支給残日数が45日未満・・・基本手当×15日分

受給には、下記のいずれかの条件に該当する人が対象です。

1.障害があるなど就職困難な状態である
2.再就職した時点で、45歳以上である
3.40歳未満の方で、安定した職業についた日付が平成21年3月31日から平成29年3月31日である

その上で、下記の条件を「全て」満たす必要があります。

1.1年以上、継続して雇用されることが確実な職業に就いた
2.以前勤めていた会社にまた就職した場合は除く
3.1週間の待機期間を過ぎていること
4.過去3年間に、再就職手当や常用就職支度金をもらっていないこと

なかなか条件が厳しいという印象を持ってしまいますが、もらえるものは全部しっかりともらっておくべきです。

再就職した場合は、再就職手当ともども、条件に該当していないか忘れずにチェックしましょう。

自分から申請しない限り、1円ももらうことはできないのですから。

なお、再就職手当と常用就職支援手当の両方の支給条件に該当した場合は、再就職手当が優先して支給されます。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-再就職したら忘れずにこれをしておく

執筆者:

関連記事

no image

再就職→また辞めた

失業生活を経て、何とか再就職。 しかし、また辞めてしまった、ということは十分に起こりえます。 入社後に平気で給与の引き下げなどを行ってきたり、正社員で入社したはずが、気がつけば契約社員での勤務にされて …

no image

就業手当

前回紹介した再就職手当は、「1年超の雇用が確実な仕事に就いた人」のみが対象でした。 では、1年以内の契約で仕事に就いた場合、何ももらえないのでしょうか? 有期雇用で2年契約や3年契約などは滅多にありま …

no image

再就職手当

再就職した場合は、国からお金がもらえる場合があります。 これは、再就職手当と呼ばれている制度です。 しかし、受給するには結構いろいろな条件を満たす必要があります。 今回は、この再就職手当をもらえる条件 …

no image

再就職→また辞めた2

前回、再就職後、すぐにまた退職してしまった場合の失業保険の取り扱いについてお話しました。 大まかには、 1.所定給付日数が残っている 2.受給期限のリミットにかかっていない のふたつの条件を満たしてい …

no image

再就職手当の金額

前回、再就職手当をもらえる条件についてお話しました。 今回は、再就職手当がいくらもらえるのか?を見ていきましょう。 再就職手当の金額は、失業保険の基本日額手当と支給残日数によって計算されます。 支給残 …