失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

退職の前に

退職前に情報収集

投稿日:

前回は、「感情にまかせて会社を辞めると損をする」「退職にあたっては冷静に」ということをお話しました。

今回は引き続き、「感情的になって退職すると損をする理由」を見ていきます。

カッとなって退職すると最も損をする可能性が高い項目は、失業保険です。

会社を辞めると、当面の生活費を失業保険に頼ることになります。

その失業保険を何日もらえるかは、雇用保険の加入期間や退職理由、場合によっては年齢にも左右されます。

年齢によって、失業保険をもらえる日数が90日になったり180日になったりするのです。

たった1歳の違いで、もらえる日数が倍になるのです。

極端な話、たった1日の違いで失業保険をもらえる日数が2倍になるともいえます。

基本給付日額(失業保険を1日あたりいくらもらえるか)を1日5,000円と仮定すると、90日違えばもらえる失業保険の総額では45万円もの差が出てくるのです。

こうした事実が事前に分かっていれば、会社を辞めるにしても「得する退職タイミング」と「損する退職タイミング」があることがお分かりいただけると思います。

「最後に言いたいことを言ってやった」
という一瞬の自己満足のために数十万円単位のお金がなくなっても構わないと考える人は少数派でしょう。

損をしないためには、前もって雇用保険など退職後に従うことになるルールを把握しておく必要があるのです。

「何だか面倒くさいなあ・・・」
いえ、それほど複雑なルールではありません。

しかも、一時期だけ理解しておけばいいのですから、得られるリターンに比較してのコストパフォーマンスは非常に高いといえるのです。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-退職の前に

執筆者:

関連記事

no image

退職後の資金ショート

会社を辞める最大のデメリット。 それは、言うまでもなく定期収入を失うことです。 退職後の収入源としては、ほとんどの人が失業保険に頼ることになります。 賃貸不動産からの家賃収入で余裕・・・なんて人は滅多 …

no image

退職の準備

「退職は、冷静に」 会社を辞めたい、と考えるときは、今の会社に嫌気が差していることがほとんどでしょう。 「キャリアアップ転職のため、退職しました」 というと聞こえはいいですが、そんな理由で会社を辞める …

no image

会社を辞めたら全部「自己責任」

会社を辞めると、社会保険や税金など、今まで会社にまとめて手続きしてもらっていたことを、全部自分でこなすことになります。 退職したら、今まで所属していた会社だけではなく、所属していた社会保険からも脱退す …

no image

在職中にしておくべきこと

会社員という立場は、妙に社会的信用があります。 働いている内は気づかないのですが、いざサラリーマンという立場を離れてみると、そのことを痛感することが増えます。 例えば、お金を借りたりローンを組んだり、 …

no image

退職後の社会保険手続き

会社を辞めた後は、社会保険の加入手続きも全部自分で行わなければなりません。 手続き関係はとにかく面倒でしかも慣れないので、ついつい後回しにしてしまう分野でもあります。 しかし、その後回しが原因で予定が …