失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業保険

失業保険受給中の病気・ケガ

投稿日:

失業保険をもらっている最中に、病気がケガをしてしまった場合、引き続き失業保険を受給できるのでしょうか?

失業保険は、「働こうと思えば、いつでも仕事を始められる人」にしか支給されません。

これを考えると、仕事できないほどの病気やケガになった場合は、失業保険は打ち切られるのが妥当に思えます。

しかし、実際の取り扱いは少し違います。

病気がケガが重い場合は、失業保険は中断されます。
重いかどうかの判断は、治療に15日以上かかるかどうか?で決められます。

15日以上かかる場合は、失業保険の支給は中断され、代わりに傷病手当が支給されます。

金額は、失業保険を同じ金額です。
また、所定給付日数から受給した傷病手当の日数が引かれます。

「それだと、単に名称が変わっただけなのでは?」
確かに、受給する側から見るとそうなります。

しかし、受給できる根拠が違いますので、傷病手当をもらうためには別途の手続きが必要です。

具体的には、下記の書類をハローワークに提出する必要があります。

1.傷病手当支給申請書
2.医師の診断書
3.受給資格者証

提出期限は、病気やケガが治った後、最初に来る失業認定日までです。

なお注意点ですが、この取り扱いは、あくまで「すでに失業保険をもらっている人、もらえる状態にある人」に限るという点に注意してください。

まだ失業保険をもらえることが確定していない状態の人は傷病手当も受給できません。
具体的には、待機期間が終わっていないと、対象外です。

失業保険をもらえることが確定する前に病気やケガになってしまった場合は、受給期限の延長を申請して対処することになります。

残念ながら、その期間は傷病手当も出ませんので、無収入ということになります。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業保険

執筆者:

関連記事

no image

失業保険を受給する条件

失業保険は、退職さえすれば誰でももらえるわけではない- 前回は、「ハローワークが認める失業状態の定義」についてお話しました。 今回は、それ以外の「失業保険がもらえる条件」について見ていきましょう。 失 …

no image

失業保険

退職後は、失業保険で当面の生活費をまかなおう、という人が多いと思います。 貯金がみるみる内に減っていく状況は、精神的には非常につらく、これが緩和できる失業保険は非常にありがたいものです。 できれば、失 …

no image

受給期限の延長

今回は、失業保険の受給期限延長についてお話します。 失業保険をもらえる日数を延長する話とは別物です。 失業保険には「何日もらえるか」の他に、「いつまでもらえるか」という期限があり、これが会社を辞めてか …

no image

アルバイトだから雇用保険に加入させてもらえない?

雇用保険は、週20時間以上、31日以上雇用の見込みがあれば、強制加入です。 この例外は、従業員数5名未満の農林水産業など、かなり限定されています。 「君はアルバイトだから、雇用保険の加入対象外だ」 と …

no image

失業保険をさらに延長する方法

会社都合退職になると、失業保険を支給される日数が増えることがお分かりいただけたかと思います。 さて、失業保険を、さらに延長する方法があります。 あまり想像はしたくないと思いますが、失業保険を所定給付日 …