失業保険と会社の辞め方

知っていれば得、知らなければ大損の退職知識

失業保険

受給期限の延長

投稿日:

今回は、失業保険の受給期限延長についてお話します。

失業保険をもらえる日数を延長する話とは別物です。

失業保険には「何日もらえるか」の他に、「いつまでもらえるか」という期限があり、これが会社を辞めてから1年と設定されています。

しかし、失業保険は、「いつでも働き始めることができる状態」でないと支給対象外になります。

つまり、病気や怪我を負っていてすぐには働きに出られない場合や、出産を控えていて働けないといった状態にある人には、失業保険は出ない、という結論になります。

もちろん、これは受給資格を取り上げられるという意味ではありません。

病気や怪我が回復したり、出産を終えて育児も一段落・・・といった状態になって働けるようになれば、失業給付をもらえるようになります。

しかし、病気や怪我が1年以上長引くことは珍しくても、出産・育児などは数年がかりになります。

これでは、失業保険をもらえる期限である1年など、すぐに過ぎてしまうでしょう。

といっても、
「そんなの、差別じゃないですか」
と嘆く必要はありません。

この1年という受給期限は、延長することが認められているからです。

具体的には、病気やケガなどで、連続して30日以上働くことができない場合、その期間、受給期限を延長することができます。

最長で3年まで延長可能です。
本来の受給期限の1年をプラスして、合計で4年間です。

なお、申請は働けなくなった状態に陥ってから、31日目から1ヶ月の間受け付けてもらえます。

窓口は、ハローワークです。

延長の申請は、毎年行う必要がありますので注意してください。

1回の申請で、2年とか3年延長することは認められていません。

shitsugyo-hoken

shitsugyo-hoken

-失業保険

執筆者:

関連記事

no image

失業保険を受給する条件

失業保険は、退職さえすれば誰でももらえるわけではない- 前回は、「ハローワークが認める失業状態の定義」についてお話しました。 今回は、それ以外の「失業保険がもらえる条件」について見ていきましょう。 失 …

no image

失業保険をさらに延長する方法

会社都合退職になると、失業保険を支給される日数が増えることがお分かりいただけたかと思います。 さて、失業保険を、さらに延長する方法があります。 あまり想像はしたくないと思いますが、失業保険を所定給付日 …

no image

個別延長給付の条件

前回、個別延長給付という制度が適用されれば、失業保険をさらに60日(一部30日)延長できることをお話しました。 今回は、この個別延長給付が適用される条件について見ていきましょう。 個別延長給付が適用さ …

no image

失業保険受給中の病気・ケガ

失業保険をもらっている最中に、病気がケガをしてしまった場合、引き続き失業保険を受給できるのでしょうか? 失業保険は、「働こうと思えば、いつでも仕事を始められる人」にしか支給されません。 これを考えると …

no image

失業保険

退職後は、失業保険で当面の生活費をまかなおう、という人が多いと思います。 貯金がみるみる内に減っていく状況は、精神的には非常につらく、これが緩和できる失業保険は非常にありがたいものです。 できれば、失 …